神は遠きにありて思うもの 180525

神は遠きにありて思うもの 180525
 
確かに無限は果てしないけれども
丸投げせずに五感で確かめながら
摩擦の体験で学び
集う自分達で補い合って
出合う中で信頼関係をつくり
日々の冒険を創造して行こうよ
 

賞罰がもたらすもの 180524

賞罰がもたらすもの 180524
 
心の成長は喜びの体験から広がるやさしさ
誰かに喜ばれることは自分の存在を肯定する種
社会的貢献は支配者を喜ばすだけで
誰にも関わりのない絵空事
 
賞罰は合法的な資格や免許と同じように
権利という所有と不安恐怖をもたらす存在否定の種
区別や差別に通じる社会的価値観は優劣を決め付け
競争真理を植え付け信頼関係を削ぐ種
 
羨望やジェラシーや上から目線と驕りが生まれ
対立感情と擦り寄るゴマスリをにじます種

太公望は昔の話 180523

太公望は昔の話 180523
 
引きが強いと通ぶるスポーツフィッシング
裏を返せば安全圏からイジメ甲斐を楽しむ
ブランド尽くめの弱虫が
リリースだのと
のたまう遠吠えの愚かな姿

洗脳された多数決 180523

洗脳された多数決 180523
 
そもそも
多数決を民主主義だと思い込んでいる事に問題がある
数の論理は所詮リンチにつながるものだと
肝に銘じておくべきなのだ

民主的意識 180523

民主的意識 180523
 
何よりも取り締まる前の予防が大事
取り締まるのは
最後の最後の手段で目的にあらず
これが民主的な意識における
母性愛に長けた公務のあるべき姿
 

相対性における中心と重心 180521

相対性における中心と重心 180521
 
距離という時間的なバランス点を中心と呼び
量という空間的なバランス点を重心と呼ぶ
すべての物的根拠はこの二つの点を拠点として成り立つ
 
例えば布団の中心と重心はその二点を結ぶ線をつくり
この中心線が決まらないことには形を成さず
カバーの中で混沌となって揉みくちゃになってしまう
コップの水も重心と中心の作る線が歪むと
コップからはみ出してこぼれだすか
コップごと倒れてしまうだろう
 
全ての姿形ある物体は中心軸を持って回転することで
球体を目指して安定している
更に歪みのない真球に向かうと軸が点に近づき
相対関係で生まれる形を保てず崩壊してしまうだろう
 
あなたと私の出合いにも中心と重心によって起こる
調和と対立の関係が生まれる
うまく回転できれば調和へ向うし
中心軸が歪んでギクシャクすれば対立するだろう
社会組織も宇宙の動きも同じ法則の中にある
 
内に向う求心力を促しているのが意識の波であり
外に向う遠心力を促しているのが物的エネルギーなのだろう

法による所有制度は独裁の温床 180523

法による所有制度は独裁の温床 180523
 
所有を合法とする利権社会は独占を目指して
大自然から遊離した
支配者と奴隷に家畜の関係で成り立つ地獄のこと
 
所有は侵略の結果であり
暴力を背景にする搾取と強奪で支え合っている
依存心の固まり