◎子はカスガイ 180117

◎子はカスガイ 180117
 
無条件に解放された子という丸腰の危うい存在ほど確かで
利己心でカタクナにこびり付いた相手の垢をも
解放してしまう潜在的な還元力がある
 
二極対立による破壊の関係を子の存在が向き合わせて
相乗効果を生み出す切磋琢磨の関係にさせてしまう
危ういカスガイこそが
負のいがみ合いやイジメや意地悪から発展して
縄張りに隠れながら相手を操る責任放棄の
リンチや戦争へと走らせる肉食的な依存心から目覚めさせる
 
この危ういカスガイを見つけ出すか創り出さなければ
自律へ向うことも信頼による調和を目指すことも叶わない
視野を広くした確かな思いによる選択眼を磨きだし
未来へ向けて自ら選んだ今を踏み出す勇気を
育て上げていくプロセスでこの飛躍を可能にする
 
これを社会的価値観から見れば
飛んで火に入る夏の虫にも似ているし
ドンキホーテの夢物語にも匹敵する話だろう
しかし長く広い視点に立てば
危ういカスガイを求めるラ・マンチャの男こそが
未来を開く確かな存在だと理解できる筈

◎歪みと相対する素直 180117

◎歪みと相対する素直 180117
 
歪みは凸と凹の二つの中心点を持つ楕円になるか
凸と凹が一対に相対する二形態になる
素直は水の表面張力のように
迷わず一つの中心点を持つ球体へと向う
 
有形物質に完全な球を求めることはできず
もしもあるとすれば有に相対する無だと言えそうだが
この世である相対という発想自体がすでに分離を現し
カガミのような有限性の時空間を意味するので
真球は無時間無空間の無時空にしかありえないことになる
 
即物的な有限世界
つまり生命における形ある肉体に向き合う姿形のない
意識体と呼ばれているモノこそが真球なのかもしれない
陰を伴う肉体が棲む摩擦界で磨き出す意識の透明度が
肉体にフィードバックされてその視野が広がると
元の肉体が更に体験を深めることで
意識の透明度を螺旋状に上げていく
 
方や歪むことで成り立つ有限界は
凸という積極的に今を未来に向けて踏み出す冒険による体験で
知識を得て力をつける左脳の存在感を目指す♂的要素と
凹という立ち止まって咀嚼し知識を意識に熟成させることで
意識を司る右脳を磨き出す♀的要素に分かれて相対する
 
この相対するそれぞれにも競い争う対立へ向う関係性と
切磋琢磨する調和の関係を目指す二系統がある
対立は嘘と秘密によるって相手の上前をはねる
依存心と不安恐怖を作り出し
調和は信頼によって情報を持ち寄り
再分配による安全安心を確保するが
それも冒険なしに持続することができない
 
どこまで意識を広げてもディテールを切り取って見ても
視野の狭い利己的な依存と距離を置いた他力的な補い合いの
相対する関係はそれぞれのスタンスで
金太郎飴のようにそれなりの存在を決め込んでいるのだろう
 
これも又片側からの目線による発見に過ぎないのである
 

二人三脚 180116

二人三脚 180116
 
向き合う相手と対立して
お互いを果たし合うか
相乗効果目指して息を合わせるか
利己心を超えた比較にならない八方ウインウインの
相乗効果に勝る喜びはないはず
 
二人三脚で息の合った瞬間の持続
この高揚感を知れば
孤独のランナで相手を蹴落として先んじた
金メダルなど次の不安をもたらす飴にすぎない

資本主義とプロ意識 180116

資本主義とプロ意識 180116
 
プロとアマは立ち位置からして違うのだから
本来ならば比較の対象にすらならない
プロは本音を外して即物的な外目線の社会的な価値観を尺度として
縄張りの旨味を狙い
アマは自分の本心を拠り所とした迷いのない自己目線で
無限に多様な選択肢からワルビレルことなく一瞬一瞬を判断していく
中途半端なセミプロ気取りや気の多いつまみ食いで
その他大勢の大衆が権力への媚と依存に右往左往する
大多数を占める日和見な大衆が目覚めて大衆でなくなって
過去をベースとする知識を咀嚼し今を見極める視野を持って
意識を研ぎ澄ますようになれば
自主性を持って集い怖いものなしで社会に貢献することになる
 
後出しジャンケンの社会的価値観には
コストによる結果という分かりやすい終着駅があるけれど
自主的な選択にはプロセスのみの終わりのない
永遠の連鎖と成長して行く冒険と発見の愉しさがある
 
相対するお互いが信頼による共生関係にあれば
競争原理に溺れたプロ意識の必要が薄れて
縄張り根性から解放された多様な選択肢の中で
相手と自分の自在性と対等性を発揮し
切磋琢磨による相乗効果に目覚めた
マチュア意識を中心に据えることになる

◎北方領土? 180114

北方領土 180114
 
何世代も住民がロシア人ばかりで
日本人が住んでいない状態が長い今となって
ニホンの領土だと主張しても幸福な環境を目指せない
縄張り同士の緩衝地帯の場として
新しい調和を目指す形を生み出せたらと思う
そしてこの緩衝地帯を世界中に広げられたらとも思う
 
所有という発想から離れて
その場その場をお互いの個性で棲み分けて補い合う
視野の広い共存という豊かな心を育てたい
 
国家や縄張り組織が優先されることのない
住民優先の状態を主権在民と呼ぶべきなのだろう
その意味でも大自然が最も優先されてこそ
調和を目指す信頼関係を創れる筈
 
一部分の過去のみを現在に取り込むことは
利己的で矛盾した利権という状態を生み出してしまう
嘘も秘密もないお互いの対等で自在な透明感を創造するには
過去から学び視野を広くし
今現在を中心にその先に集中していくことが大事なのだろう

ディテールの前後 180111

ディテールの前後 180111
 
重さと摩擦に満ちた具象性の極みが
目の前を通り過ぎた時の血生臭い情報
そこから遠ざかるほど抽象的で客観性が強く
視野の広い情報になる
 
これを食の環境に当てはめてみると
ビーガンが肉食やウールに対するむごさと理不尽さを言う
特にDNA的に近い哺乳類の摂取を嫌う
鶏・爬虫類・魚・貝・卵・乳・植物の順で菜食主義者の意識が強くなる
 
肉食・菜食・雑食の立場からの言い分はどれも
自分本位の視野の狭い発言に偏りがちだ
それに引き換え食物連鎖という視野の広い発想がある
この二つを突き合わせても
視点が違うのだから比較の対象にはならない
 

虹色のチョーク 小松成美 幻冬舎

虹色のチョーク 小松成美 幻冬舎

 

障害者とは平均的な作業能力を
いちじるしく損ねている部分があることを
意味する言葉であって
別の部分で天才的に秀でていることさえある
又抜く体的な能力の欠如と抽象的な論理性とかの
知的障害と呼ぶ知能的な欠如の二種類に分けられている
例えば早く走るのは苦手だけれど
歩く持続力は人一倍あるとか
喋るのは苦手だけれど
視覚的な記憶力は高いと言うように様々である
この本で気になるのは障害という言葉に
過剰反応しているギコチナサだ
特にいんとる部分で目立つ
編集者の目の付け所は良かったのだけれど
人選を間違えたのが敗因だ
タイトルも内容にそぐわない
副題を見て恐る恐る手にとって見たまでは良かったが
読み出すと同時に歯の浮いたような
心のない表現にウンザリといた
それでも内容を確かめたくて読み進んだけれど
読み取りにくい文章がある
そこには客観性が欠け取って付けたような言葉が並ぶ
それらを排除しながら中身を汲み取るのに往生する
それでもこの時代にこの企業の姿勢のあり方と
社会に溶け込んで利益を上げている実態に感銘を受けた
 
やり甲斐や生き甲斐すら奪われている競争社会の価値観を乗り越えて
信頼関係に根ざす共生関係を目指しながらも
現実の競争原理に潰されることなく経営力でカバーしている凄さを見る
このギャップをどうこなしているかに迫りたい
できれば仲間として中に入り込んだ体感によって生の実体験から理解できればと思う
欲を言えばやり甲斐という依存に頼らず
自らに問う自律を目指せる環境を視野に入れる事ができればと思う