みんなの学校が教えてくれたこと  木村泰子 小学館

 

 

みんなの学校が教えてくれたこと 

木村泰子 小学館

 

大空と言う公立小学校の初代校長になった著者の

教師と言う人生を思い返した3290日の記録

 

こんな型破りな授業が

公立の義務教育で出来るのかと

驚くような話である

面白く思ったのは

第三章の「私の原点」である

中学の教師を目指していたのに

小学校に魅入られてしまい

かなりの頑固者らしく

分離教育に逆らい

あらゆる児童が同じ場で学ぶことの多様性を大事にする

自説をまげずに押し通しているうちに

仲間ができ学級解体を始めとする

全クラス合同授業を広い講堂を使って

各担任を説き伏せ

それぞれが専門分野を受け持つという

異例の教育方針を打ち出す

 

その延長線で新設の小学校を任されて

校長に抜擢され

定年までを存分に運営し

職員全員で児童全員を見守るというユニークさと

子どもたちの自律した成長ぶりが評価されて

テレビやドキュメント映画となっていく過程を経て

退官するまでの話である

昔は福祉国家 290711

昔は福祉国家 290711
 
揺り籠から墓場まで政府によって保障
当時から考えれば
限りなく生産力が増えている今
生活だけではなく個々の活動資金も含めて
全員を保障できる社会に成長している
 
それなのになぜ戦争だらけの世界が
未だに続いているかと言えば
知識ばかりで意識と精神が成長しそびれて
物欲に怯えきった大富豪達が
気違いに刃物状態に陥り
グローバリズムとかNWO新世界秩序を唱え
地球上の全てを我がモノにしたいと
発狂しているからなのだ
 
誰かが猫に鈴を付け安定剤を飲ませて
抱きかかえて
平常心を思い起こせなければならない
それさえ成し遂げれば
競争原理社会の暗黒から目覚めて
信頼で繋がる切磋琢磨による
調和を目指しながら過不足のない分配と
生産に携わるロボットを管理する
客観的で視野の広い判断のできる
人の手を離れた自己成長型の
AIの存在によって成り立つ
意識の成長へと向かう精神社会を
創造することができる
 
これを現在の言葉で表現するならば
揺り籠から墓場までの
命ある全員を公務員とする
一人ひとりのニーズを過不足なく満たす
無条件のベーシックインカム制度による
社会だと言えばわかりやすいだろう

相対するバランス点 190708

相対するバランス点 190708
 
物事が均衡を目指す飽和点の瞬間と
混沌が行きつく飽和点が
向きを変えて逆行へと揺らぎだす
振り子の頂点のように
物質界が大移動を起こすのかもしれない
 
だとすれば
今回の地球環境は
物欲に溺れた有史以来の混沌の地獄が
飽和点を迎え
個意識が天国の均衡点へと向かう冒険の旅が
始まろうとしているのかもしれない
 
この循環するトーラスな流れによって
より抽象的な無限の真理を具現化し
あるいは紐解いて行くのが
私達の集合意識から分離した
個意識の役目なのかもしれない

環境問題 190707

環境問題 190707
 
あなたの幸福感が
見渡す限りの社会を明るく照らし
私の幸せを支えてくれる
 
悪臭の立ち込める腐敗の上に建つ城で
怯えながら
余分に溜め込んだ獲物に
舌つづみはできても
あなたと私が解放されて踊る新鮮な
調和を目指すことはできない

組織 190703

組織 190703
 
部分の利益を求める縄張りを組織と言う
そこで全体観を前提としていれば
抽象的な広い視野を通しながらの
具現化と言う冒険を遂行できるけれど
部分にのめり込んで
見えなくなったパラドックス
不安と恐怖を抱えてしまうと
即物的に細分化された専門性に依存してしまいかねない
 

武器としての世論調査 見春充希 ちくま新書

 

武器としての世論調査 (ちくま新書)

武器としての世論調査 (ちくま新書)

 

 

武器としての世論調査 見春充希 ちくま新書
 
まず政治が面白くなって選挙に使えるし
タイトルにパンチがあっていいね
 
もしも
すべての人がこの本を読んでくれたら
TVや新聞や公報の嘘も騙しも効かなくなって
国民の考えが変わり前向きになって
選挙が変わり政府が変わり行政が変わって行くだろう
 
この本の見出しを見ると
社会に違和感や窮屈さを感じ
それを変えたいと思うのならば
私達の社会の仕組みと実態を知る必要がある
既存の政治勢力のご都合で作ってきたのが現状である以上
支持政党を持たない無党派層
政治や選挙に失望して諦めている人たちの政治参加が鍵となる
 
グラフを見れば内閣支持率が高いところは宗教の信仰率も高い
野党支持は若年層で伸び悩んでいる
しかし世論調査の見方を覚えて深読みすれば
世論調査の捏造も見いだせるし面白くなる
武器として世論調査を使えば
相手の弱点や急所がリアルの見えてくる
 
強いて言えば文章が硬くて読みにくいのがこの本の難点だ

他力か自力か 190630

他力か自力か 190630
 
私が利己的に私自身を何よりも大事だと思うならば
その私を支えている他者である全ての心と体が健康で
幸福に満たされていなければならないと知るべきである
であるならば
あなたという他者の満たされた存在こそが
私の幸福にとって無くてはならない大切なものとなり
利他の心が自らを支えているパラドックス
この世の真理であると気づいて
集うお互いで切磋琢磨することが
勝ち負けを卒業して
自律と調和を目指す道標となるのだろう
 
私が利己的に私自身を何よりも大事だと思うならば
その私を支えている他者である全ての心と体が健康で
幸福に満たされていなければならないと知るべきである
であるならば
あなたという他者の満たされた存在こそが
私の幸福にとって無くてはならない大切なものとなり
利他の心が自らを支えているパラドックス
この世の真理であると気づいて
集うお互いで切磋琢磨することが
勝ち負けを卒業して
自律と調和を目指す道標となるのだろう