人生の意味の心理学 アドラー アルテ

人生の意味の心理学 アドラー アルテ
 
まるでブッダが示した空と縁起のような内容を
この本は具象的に噛み砕き世にまれな全体観をとらえて
視野の広いシナヤカな生き方を示している
素晴らしい本だと思うが
使う言葉の組み合わせや造語が分かりにくいのと
直訳のためかテニヲハや語順がおかしいのが難点だろうか
岸見さんの文体が説明しすぎだからだろう六法全書のように読みにくい
 
「人生の意味の心理学」というタイトルを例えにして言うならば
せめて「人生の意味を問う心理学」
~どんな人生設計があなたに生きる意味をもたらすのだろう~
ぐらいにしてほしかったと思う
そしてこの本の13ページにその意味が示されているのだけれども
ここにも私なりの異議がある
全体への貢献という部分であるがそれは結果論であって
底に至る前に本気で自分を大切にすることで
自分が何者なのかを知るために目の前の世界を鏡として
そこに映し出されている我が身を五感で感じ取ることから
人生が始まろのだと思う
そのためにこそ相手とか全体に幸福であってもらうことが大事になる
部分でもあり全体でもある自分の個性を認識した上で
自らの個性と抽象的な集合意識と繋がる自意識を育てることが
全体観を養うことへと結びつき
又全体からのフィードバックと言う相乗効果を得ることにもなる
 
部分同士が互いに嘘と秘密で競い争うのでなく
互いの信頼によって切磋琢磨し合う関係に至るべく
選んだ体験による知識を客観的に咀嚼することで
全体を理解できるだけのより視野の広い意識を学ばなければならない
また過去をベースとして原因と結果に取り憑かれた依存と搾取で
今現在を選んで出会う冒険を台無しにするよりも
過程としての今に集中してその全体の成り行きを愉しむべきでだろう
 
岸見さんの声は低くゆっくりと核心を突きながら迷いのない言葉で話す
心理学者として患者と向き合いカウンセリングもしてみえるそうだが
嘘や秘密による掛け引きなどもなく社会的価値観を無視した話法で
相手を呆れさせたり傷付けたりしても次第に信頼関係を
生み出せるようである
社会的価値観に迷い込んでいる読者や患者を
その気にさせる説得力が話の随所にあると言うことなのだろう
 
それにしてもソクラテスの言葉を後世にわかりやすい文章で伝えた
プラトンのような通訳が
アドルフアドラーにも岸見一郎さんにも必要なのだろう

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 
岸見一郎 古賀史健 ダイヤモンド社
 
青年と哲人の対話によって
フロイトユングの「過去に視点を置く原因論」に対して
アドラーは「今に視点を置く目的論」を説き
原因論は過去の利権である手段を目的にスリカエた論なのだろう
目的論はソクラテスプラトンアリストテレスと繋がる思想だと
この本の著者である岸見さんと古賀さんがあとがきで説明している
 
この本ではソクラテスが道端で
青年たちと議論を繰り広げていた哲学を取り込んだ対話形式で
実例を上げながらアドラー流哲学の実践を解き明かしていく
 
そこにはアドラー流の造語が沢山あってその一つ一つを紐解くことで
歴史に呑み込まれて来た思い込みであるトラウマの呪縛から這い出して
責任転嫁することなく嘘と秘密で搾取や支配をするための相手への依存もなく
自分の自分による自分に対する責任と義務で人間関係を対等に捉え直し
過去や未来への権利と競争に気を散らすこともなく
今現在の自分と相手との出合いに集中して選択することで
幸福感に満ちた人生をすべての人が切り開くことができると説く
 
大事なのは
対等で自在な相互の信頼によって調和を目指す人間関係であり
自分の本心を大事にすることで相手に負担をかけることもなくなり
お互いに率直な関係をつくることで過不足のない適度な摩擦の中で
切磋琢磨を可能にして相乗効果を生み出すことができる
 
一点に絞り込んだ山の頂を目指すのではなく
無限の旅の過程を丁寧に歩くことでその場その場で視野を広げ
納得しながら過去や未来を引きずらずに生きていく
それが自然界に即すマトモな人生である
 
岸見さんの言うこの流れと私と造語の形は少し違うけれども
意味は共通していおり
ブッダが説く空や縁起にも繋がる実践のための考え方だと思う

◎個の持つ二面性 171007

◎個の持つ二面性 171007
 
有限界に存在するモノのすべては
それぞれに一回り大きな存在の部分であると同時に
それ自体がより小さな部分を含む全体を成している
 
例えば人間である私は唯一無二の個性を展開する
一人としての全体であると同時に
手足だのその内に棲む臓器などの部分によって支えられ
それらを細胞が構成し分子や原子や素粒子へと
限りなく連鎖しているらしいし
更に自分の外を見渡せば家族友人地域社会とつながり
トーラスに広がっているらしい
 
私という個人は部分性に支えられながら
全体性を支えてもいる
それは縁起の関係であり
自律を目指す者同士の信頼と調和あるいは創造と分解によって
どこまでも果てしなくつながっている
 
具象的な歪を持った有限物に特化することで
抽象性に満ちた全体である無限を内に秘めて宇宙を構成する
無限は混沌とした自らを認識するために具象性を利用して
形を成した部分部分とその連鎖が生み出す摩擦を確認することで
自らを理解することだとも表現できる
 

ビジネスが目指すもの 171004

ビジネスが目指すもの 171004
 
それは搾取なのか分配なのか?
一人一人が生れつき持たされている人生という時空間を
盗み合っているのが過剰な利益を目的とするビジネスの本質
特に金融ビジネスの競争原理による賭博社会は
損得という恐怖心でお互いを殺し合っている
 
生命体が生きるための仕組である食物連鎖と棲み分けを
暴力を背景とした理不尽な関係で搾り取ろうとする行為
そこに必要以上の余分に課せられた労働で見掛けを複雑にする
余剰生産物を作り出している長い歴史があるけれど
基本的に時空間の搾取にほかならないし
更には家族のように信頼関係でつながる自主的な選択による
自給自足であった生産と消費を
社会的に押し付ける義務と責任によるアテガイブチの
仕事という名で個人の未来を支配する契約で枷をはめあい
嘘と秘密によって信頼関係を壊した競争原理に陥れてきた
 
この依存搾取支配こそが不安恐怖に追い立てる
ビジネスの正体であり
互助的な政治と美や文化や民主性をも従えているのが現状である
義務と権利による苦しく無気力な仕事でなく
受給と供給を自ら満たす喜びによる自主的な行為を目指すべきなのだ
民主主義と名付けるよりもより正確に
自主主義と呼ぶべきだろう
 

実現可能な夢の社会 171004

実現可能な夢の社会 171004
 
家族のような有人のような対等に切磋琢磨できる社会
宇宙の行動に足並みをそろえた成長で調和し
政策も消費もある意味奉仕の関係で
笛やムチを持った管理者のいない意識社会
自然界はこうした循環の中で棲み分けて
食物連鎖することでまわっている
 
現代人は過去で得た知識と知恵の蓄積によって
時空を先取りすることの嘘と秘密で
管理される不自由と交換に
管理する余剰生産物を得る奴隷社会を形成している
 
確かに物質的な急成長を遂げたがその代償も大きく
信頼関係という全体観を失い
自業自得の損得による不安恐怖に追い立てられる
パラドックスに陥ったのである
 
こうした失敗を自覚することで集合意識を捉え
大自然と同調し直せれば両輪揃えた無理のない
豊かで愉しく幸福に満たされた暮らしを取り戻せるだろう
 
全体観を心に秘めた部分として
利己的反映とか独占でなく
多様性による無限の関係を目指せる筈なのだ
 

感情 171003

感情 171003
 
個がその場その場の選択に対して
過去に執着しがちなのは
五感のうちで最も具象的で一般化されやすい
音を媒介とする言語情報であり
最終的に情報量が大きいのは
過去の経験に裏付けられる臭覚そして味覚
更には触覚の順で最も抽象的で個人的な
要素の強い視覚情報となる
 
外的要因で視界に影響するのも過去の情報であるし
外目線に飛び込んでくるのも過去における
強い情報ほど優先される
それは知識を通して個意識に迷い込んだ人間が
力関係による社会的秩序を司る左脳に支配され安いからでもある
 
視野の広さから得る客観性や理性は管理に陥った社会性を俯瞰する
全体観を得やすい個人的な感覚ほど多様な気付きによって
ゆらぎの少ない判断を導き出せるだろう
 
これは右脳が五感を統合して捉える大掴みの情報である
ディテールと全体像の両方が信頼関係にある調和を目指した時
個の意識が集合意識と繋がって無限の中で
部分でありながら自律を目指す冒険の旅を意識するだろう
 
こうした体験を重ねることで喜怒哀楽にさまよう魂が
個の個性をシナヤカに連鎖させた入れ子状態のトーラスを
描き出すに違いない
この摩擦会におけるバーチャル体験こそが
無限である空が成長するためのカラクリなのであろうか
 

競い争うスポーツから集いのスポーツへ 171013

競い争うスポーツから集いのスポーツへ 171013
 
過去に依存する物欲の資本主義から今に集中する意識の直接民主主義
商業主義の大イベントに成り下がったオリンピックは
かつて曲りなりにも世界中の民族が対等に集う祭典であった
そこではアマチュアスポーツマンシップを建前としていたけれど
ロスの大会以来真逆の競い争う本音を露骨に表面化させて
スポンサー付きの利益追求を目的とする切った張ったの
勝てば官軍負ければ賊軍となるプロスポーツの祭典に塗り替えられた
 
スポーツにも二つの道筋がある
一方はお互いにフェイントを掛けて相手の隙を突き合う競争原理に基づき
利権という結果に固執して勝ちを取り合う戦争ゲームであり
他方は信頼関係による調和を目指す切磋琢磨の原理に基づいて
過程である今と云う個性的な部分によって全体観を育て続けるゲームである
これらはあなたと私という相対関係で成り立つこの世の根本原理であって
すべての体験が無くてはならない二極の要素である
 
調和を目指す環境は切磋琢磨の原理を中心にして分け隔てなく集う場であり
技を磨きファインプレーを愉しむためにお互いを補い合うゲームをつくる
双方のギリギリのファインプレーを創造して相手の欲しい球を読み取り
どれだけ正確に送り届けられるかの自分に挑戦する醍醐味でもある
 
物欲の自由勝手を許し私達自身が手段を選ばずメダルの数に依存して
相手を蹴落とす競争原理に酔いしれた資本主義の搾取と支配欲から卒業し
信頼関係で成り立つ調和による民主性を求める意識主義の相乗効果を成して
切磋琢磨の原理を目指す時スポーツのありようがどのように変化しているか
それは嘘と秘密で相手を陥れる理不尽な自分を反面教師として気付きを得て
幸福という美を創造して行くことである
 
ローマでは支配者が身勝手に作るルールに縛られた暴力的なコロシアムで
剣闘士の殺し合いや犯罪者を猛獣に与えるなどの残酷ショーが行われ
観衆は食事をしながら朝昼晩の催しを熱狂して楽しんだそうだけれど
その延長線上にあるのが現在の利権者によるスポーツの祭典だと言えまいか