パズルの一枚 200921

パズルの一枚 200921
 
ビッグバン?
誰が無限ジグソーパズルをひっくり返して
シャッフルしたのか?
こんなことできるのは
神しかいないのではないだろうか?
あるいは中心をなす宇宙と呼ぶべきか
エネルギーか集合意識か〜
 
全体の一部であったパズルの一枚のように
宇宙のフラクタルな欠片でしか無にも関わらず
一人の全体として有限相対性時空間に存在する
完全で不完全な歪みに産まれた人間は
そこに残された似て非なる相似形を通して
全体を振り返ることすらできない中で
必死に今に存在する確かな自分を探し求めてさまよい
発見を重ねてイメージを膨らませては壊しているが
 
何らかのヒントなしに
分裂した者同士が元の無限なる関係を描こうと
誘い合って手をつなぎ復元できるものだろうか?
全体観と言う精神を描き出す遊びを
あきらめたり見失った多くの人間は
生命の手段でしか無い衣食住を奪い合う
物質文明に逃げ込んで縄張り社会に閉じこもる
それでも冒険好きな者が抜け出し
今という無限の姿形を見通したくて旅立ち
摩擦を照らしながら相手に自分を映して左右上下前後と
つながるピースをためす冒険の過程事態を
たのしんでいる自分を発見する

喜びを求めて 200919

喜びを求めて 200919
 
自分の気付きを深めるために行動しよう
出会う人々の気付きを高めるために働こう
社会の歪を見抜くためにも
自分の働きを磨きだして
同時に隣の人の働きも一緒に磨きだそう
切磋琢磨は芋を洗うように
お互いを転がし合うことなのだ
 
スポーツを楽しむのも
考えたり学んだりするのも
生産するのも消費するのも
隠し立てせずに晒し合って手伝い合い
依存せずに溜め込まずに盗まずに
自律を目指して補い合い
競い合わずに背中を流し合って
一人ひとり手を貸しながら
前に向かって自分を確かめながら歩もう

日本語  300914

日本語  300914
 
相手を主語とするときには
強調して「が」を多くもちい
自分を主語とするときには
控えめな「は」を使うか
主語ぬきで俯瞰する
観察者の五感でものがたる
 
そのために無数の形容詞と
助詞の「てにをは」による微妙な表現で
図面的な言語を絵画的にイメージ化する
 
にほん語は
世界でもまれな成り立ちの言語らしく
にほん語を母国語として育った大人は
外国語に馴染むのが容易で無い

二面性  200912

二面性  200912
 
唯物論の頂点にある資本主義が
看板とする自由平等友愛は
建前の裏に搾取支配依存と言う
本音を忍ばせている
 
自由は本来自在の事であるにも関わらず
利己的な嘘と秘密とリンチで満たされ
平等は本来対等の事であるにも関わらず
個性を剥ぎ取った後の
規格にそって切り揃えられた
奴隷と家畜とペットと死体であふれ
友愛は本来調和の事であるにも関わらず
利己的に洗脳された原罪の中で
身を寄せ合う奴隷や家畜やペットが
吸血鬼であるお上に身を尽くす
歪められた搾取にすがる
哀れな姿で埋め尽くされているのだ

二面性  200912

二面性  200912
 
唯物論の頂点にある資本主義が
看板とする自由平等友愛は
建前の裏に搾取支配依存と言う
本音を忍ばせている
自由は本来自在の事であるにも関わらず
利己的な嘘と秘密とリンチで満たされ
平等は本来対等の事であるにも関わらず
個性を剥ぎ取った後の
規格にそって切り揃えられた
奴隷と家畜とペットと死体であふれ
友愛は本来調和の事であるにも関わらず
利己的に洗脳された原罪の中で
身を寄せ合う奴隷や家畜やペットが
吸血鬼であるお上に身を尽くす
歪められた搾取にすがる
哀れな姿で埋め尽くされているのだ

絶対神故のパラドックス 200912

200912
 
一成るモノの正体とは
唯一の答えはその抽象性故に
教える言語を持ち得ない
意味を成す言語ですべてを表現するには
具体的すぎるだろう
 
プラマイゼロの全体性と
個性に特化した部分性は
相似による入れ子に成れても
必要十分条件を満たせない
 
周波数を合わせる通訳の存在が無い限り
神と姿形を成すモノとの交流はできない筈だ

恋  200911

 200911
 
愛は無条件で無制限の素であり
この重力場に属すモノではなく
全ての世に潜在する目指すべき
美であり調和である
 
恋はまさにこの世の目的であり
冒険そのものである
条件だらけで制限だらけで
その場限りの明日をも知らぬゲーム
 
この世はあらゆる物的体験により
自らの存在を余すことなく
確認し続ける永遠の場であり
空の意識を見出す所である