読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空管 甘糟りり子 文藝春秋

 

石原慎太郎太陽の季節

村上春樹坂本龍一田中康夫池田満寿夫などなど
ブランドや横文字の多い
ファッショナブルでエグゼクティブな社会の
飽き飽きしながらも抜けるに抜けられない上澄みを描き
読者やファンは成り上がり階級の片鱗をキラキラ味わう

 

このどこにいても満たされることのない
乾いた上澄みこそが競争原理による格差社会
現実なのだろう

 

それにしてもキラキラしたルアーと疑似餌の中を
ハラハラと泳ぎ回り続けなければならないなんて
バカバカしくて付き合いきれない
と言って流れから降りてしまえば
村八分にあって干されてしまう不安恐怖

利権による依存と搾取の圧力に翻弄される
ピエロかペットか奴隷か家畜か
上を見ても下を見ても延々と搾取の関係が続く
そんな中をカンダタは仲間を蹴落としながら
細い蜘蛛の糸にすがって生き延びようと利己的にもがく

それでもこうした中身のない作品がマスコミによって
もてはやされて作家はのぼせ上がり庶民を貪る

 

こんな自ら湧き出す喜びもなくお互いの利己による外圧で
怠惰になり鞭打たれる下克上の物語は

源氏物語に始まり未だに学ぶこともなく続いている

おお方の文化とは浅はかなものである