読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

扉のむこうの物語 岡田淳 理論社

扉のむこうの物語 岡田淳 理論社

 

並行宇宙の次元がねじれて
異次元に入り込むというようなお話

小6の生徒が自分で設定するという

自由宿題で

主人公は物語を書こうと思い立つが
何故か物語のなかに入り込んでう劇中劇
戻れなくなるという冒険SF推理小説へと

発展していしまう

 

彼が挑んだ作品はあまりにも立派すぎて

大人がついて行けない程に目一杯複雑怪奇で

子供たちの思考回路も大人顔負けである

字も小さく395ページという大長編でもある

大人が読むよどれのない童話という感じである

 

ただ惜しいことに最後のオチとなる

一酸化炭素中毒については

火鉢が出てきた伏線の所で気付いてしまったけれど