読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶道と中国文化 関根宗中 淡交社

茶道と中国文化 関根宗中 淡交社

 

中国におけるお茶を語るのかと手にとって見たが

まるで見当違いでした

知識によるウンチクのオンパレードで

創造する茶の心などどこ吹く風でお呼びでない

 

茶道は総合芸術で

西洋的な芸術の概念を超えた

東洋的な芸の意味を併せ持っていると言う

さて超えているというと偉そうであるけれど

違うだけではないのだろうか

 

国家天下の人材養成

そのためには

水をまき掃き清め人を呼ぶに応じて問いに答える

礼節を心がけ音楽弓術馬術書法算法を教え込む

ここでは学ぶと洗脳を区別できていないように思える

 

稽古だけで創造する自分の姿勢などお構い無しで

綜合芸術なのだろうか

 

ここでは利休の苦心や夢や意識の展開など
露程にも理解していないようにみえる
儒教に呑み込まれた依存による国家主義
利休を阻んでいるようである