読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまりの樹の神話 岡田淳 理論社

はじまりの樹の神話 岡田淳 理論社

こそあどの森の物語6

 

壮大なロマンあふれる創世記から現代への物語

縄文のような自然の中の一員として暮らす
純朴な狩猟採集時代から

知識という悪魔の所有意識と
天使の補い合う解放意識との両面を相対させることで

物質と精神・有限と無限・部分と全体などの

相対関係を通して
自分の心と頭脳を磨き出す暮しへと成長していく

 

満ことのない所有欲は競争原理を思い込み
永久の真理を求める解放欲は摩擦の体験を糧とする

切磋琢磨によって集合意識とつながる成長へと飛躍し

相乗効果を生み出す

 

お互いに

殺すことと生きること

奪い合うことと補い合うこと
疑い合うことと信頼し合うこと

この両面を理解することで
出合いを選択し続けろ冒険と発見の旅をしていく

後ろを振り返れば不安恐怖にまみれ

その体験も逆手に取って学びへと咀嚼し

視野を広げることで部分の具体的な情と
全体観の抽象的な愛を兼ね備えた調和へと
成長していく後ろ姿をこの物語に見て
読者となる子供たちは日々出合う判断の土台を
身に着けていけるだろう

勿論大人にとっても
人生という永遠の成長の旅に役立つ物語である