読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネをまく縄文人 古畑弘己 吉川弘文館

最新科学が覆す農耕の起源

 

圧痕法ともレプリカ法ともいわれる技術による

新たな発見と証明がもたらした最新情報

これもいつ覆されるかわからないが

より事実に近づいている事は確かなのだろう

 

土器を作る過程でタネや昆虫などが粘土に紛れ込んだ痕跡を

暴き出すことによって当時をより具体的に偲ぶ方法である

 

この発見によると

道具としての植物の栽培開始が後期旧石器時代1万6千年以前に

ヒョウタンを容器として栽培した可能性大

 

食用としての植物の栽培開始が縄文創世記~早期1万6千年~7500年前

アサ・エゴマ・ヒエ・アブラナ科

繊維用や油脂を含む 

 

マメ類・ウルシの栽培開始が縄文前期7300年~5500年前

長期貯蔵可能なデンプン源であるアズキ・ダイズが主食として栽培

更にゴボウが加わる

集落の定住と人口増加 中部高地や西関東を中心に

 

栽培が全国に拡散縄文後期~晩期5500~2860

コナラ・サンショウ・

昆虫のコクゾウムシ

クリの管理栽培で列島内における植物の栽培が出揃う

 

大陸系穀物流入縄文晩期2860~2800

九州においてもアワ・キビ・イネが伝来した可能性大

大規模な人間の移動が伴うものではない

小規模なコロニー的な集落で始まる

 

水稲耕作の到来が弥生早期以降2800年以降

土器などの胴突や文化を複合する形で大きな集団の移動を伴う

モモ・ウメなどの樹木も到来

 

アズキとダイズは原産によるものらしい

 

コクゾウムシなどが人間による穀物の栽培と定住によって

飛ばなく成るなどの変化をきたす事の発見によって

当時をより詳しく偲ぶことを可能にした

又植物が栽培される事によって双方にとって有利な状態へ進化し
タネを大きくするなどの変化を起こす
またそのことから栽培を裏付けることも可能になった