読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間抜けの構造 ビートたけし 新潮社

間抜けの構造 ビートたけし 新潮社

 

目は口ほどにものを言い

余白の美

無言の教え

沈黙の会話

日本の文化は「間」で表現する

 

世界の常識ではタイミングと言うが

それとは真逆にあるこの間という

当たり前のことだったはずのことを

漫才・映画・人生を通して

たけし流にまとめたのがこの本である

 

まるで知らなかった
たけしの生い立ちを知る機会にもなった