読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

方丈記 長尾剛 若菜等 汐文社

方丈記 長尾剛 若菜等 汐文社

 

現代語に訳した鴨長明方丈記

漫画版の感じで少し砕けた意訳が多すぎて

作者の意図や詩的な美しさから外れているようの気もするが

色々な姿があることで

多くの人に触れるチャンスが生まれるのだろう

少し重たい本だけれども

挿絵も清々しくて嫌味もなく素敵な本に仕上がっている

 

おごる平家による腐敗

おっとり刀の源氏による権力主義

官僚支配と警察国家は弥生から始まりここで仕上がる

平安時代鎌倉時代もおよそ現代社会の持つ歪みと悩みと

まるでかわらない矛盾を抱えていることを理解できるし

後半では

鴨長明の嘘に対する反骨精神や

視野の広い率直な生き方を読み取ることで

私達が自分の本心に気付けたり納得することで

自分の人生を選択するヒントにできるほど今に通じる内容だ