読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筒井順慶 著:筒井康隆 

SF作家が歴史小説に挑む
なかなか面白い
自分がこの小説に絡む事になったキッカケから
書き終わるまでのプロセスを
第三者的な目線で描くことで
結果的に歴史小説を描き終わるという話し
読む側としたら
肩透かしを食らわされたようでいながら
恐れ入りましたと納得してしまうわけです

スゴイですね