読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精霊の木 上橋菜穂子 偕成社

精霊の木 上橋菜穂子 偕成社

 

上橋さんは精霊の守り人で脚光を浴びましたが

院生で沖縄のフィーウドワークをしていた当時に

この処女作を書き上げたのだそうです

当時は売れなかったようですが

今になってファンの要望に押される形で

15年前のものをリメークすることになったのがこの本だといいます

確かに学者としての思想が滲み出していますし

強い者勝の商業主義の中で全体観や信頼関係がそこなわれ

組織的強欲のウソと秘密によって見事に政府を乗っ取られ

社会の舞台裏で押し潰されていく純真な人々の存在を明らかにするために

社会に一石を投じたいということが目的の大きなファクターだったのでしょう

 

それだけに劇的にプロ化されたエンターテイメントとしてではない

深みのある生活感の中での表現になっているのだと思います

 

宇宙空間に舞台を移しただけで

正に歪んだグローバリズムや新世界秩序という今の時代を

生き写しにしたようなおぞましい内容です

 

最も私は一人ひとりの人間が次元の違う意識状態に成長しない限り

宇宙空間に飛び出せないと考えていますので

今のような依存意識の状態のままで
宇宙を手玉に取ることはできないと思っています