みんなの学校が教えてくれたこと  木村泰子 小学館

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本) 作者: 木村泰子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/09/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る みんなの学校が教えてくれたこと 木村泰子 小学館…

昔は福祉国家 290711

昔は福祉国家 290711 揺り籠から墓場まで政府によって保障 当時から考えれば 限りなく生産力が増えている今 生活だけではなく個々の活動資金も含めて 全員を保障できる社会に成長している それなのになぜ戦争だらけの世界が 未だに続いているかと言えば 知識…

相対するバランス点 190708

相対するバランス点 190708 物事が均衡を目指す飽和点の瞬間と 混沌が行きつく飽和点が 向きを変えて逆行へと揺らぎだす 振り子の頂点のように 物質界が大移動を起こすのかもしれない だとすれば 今回の地球環境は 物欲に溺れた有史以来の混沌の地獄が…

環境問題 190707

環境問題 190707 あなたの幸福感が 見渡す限りの社会を明るく照らし 私の幸せを支えてくれる 悪臭の立ち込める腐敗の上に建つ城で 怯えながら 余分に溜め込んだ獲物に 舌つづみはできても あなたと私が解放されて踊る新鮮な 調和を目指すことはできない

組織 190703

組織 190703 部分の利益を求める縄張りを組織と言う そこで全体観を前提としていれば 抽象的な広い視野を通しながらの 具現化と言う冒険を遂行できるけれど 部分にのめり込んで 見えなくなったパラドックスに 不安と恐怖を抱えてしまうと 即物的に細分化され…

武器としての世論調査 見春充希 ちくま新書

武器としての世論調査 (ちくま新書) 作者: 三春充希 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2019/06/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 武器としての世論調査 見春充希 ちくま新書 まず政治が面白くなって選挙に使えるし タイトルにパンチがあって…

他力か自力か 190630

他力か自力か 190630 私が利己的に私自身を何よりも大事だと思うならば その私を支えている他者である全ての心と体が健康で 幸福に満たされていなければならないと知るべきである であるならば あなたという他者の満たされた存在こそが 私の幸福にとっ…

善なる答えは多様性 190619

善なる答えは多様性 190619 全なる神も現象面に囚われ 一途に盲信した途端に パラドックスという井の中の 前後不覚に堕ち込み その善なる盲信による部分感で その一成る答えが理不尽な悪魔に豹変する 堂々巡りの迷路を 迷路とも気付けずに駆け抜ける悪循環 …

山窩物語1 三角寛 現代書館

山窩物語 (三角寛サンカ選集) 作者: 三角寛 出版社/メーカー: 現代書館 発売日: 2000/11/01 メディア: 単行本 クリック: 10回 この商品を含むブログ (5件) を見る 山窩物語1 三角寛 現代書館 三角寛サンカ選集として 1巻から7巻までにまとまられたもの 2…

環境考古学への招待―発掘からわかる食・トイレ・戦争 (岩波新書) 作者: 松井章 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2005/01/20 メディア: 新書 クリック: 2回 この商品を含むブログ (15件) を見る 環境考古学への招待 松井章 岩波新書 考古学といえば宝探し…

自分のリミッターをはずす  苫米地英人 ビジネス社

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門 作者: 苫米地英人 出版社/メーカー: ビジネス社 発売日: 2017/10/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 自分のリミッターをはずす 苫米地英人 ビジネス社 一番の読みどころは1…

ケインズ派と自由競争(主流)派  190617

ケインズ派と自由競争(主流)派 190617 多勢に無勢の中で論理を武器にヤクザな三権談合道場に挑む正義感あふれる三橋貴明さんもその理論が届かない武力行使である戦争という競争原理の 飽和点に対しては止めどなく膨れる抑止力なる暴力に頼らざるを得…

僕にもできた! 国会議員 (単行本) 作者: 雨宮処凛,山本太郎 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2019/04/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 僕にもできた国会議員 山本太郎 雨宮処凛 筑摩書房 〜泣けるほどに面白い〜 ショックハゲができたり …

権利と義務と責任と心 190614

権利と義務と責任と心 190614 神にしかできない 権利と義務と責任を 同時に押し並べて統合する一成る心 この心に神を内在させることでのみ 全てが対等で自由自在な調和のとれた 集いを可能にする 自然界の食物連鎖と棲み分けと無限の多様性は 集合意識…

ニガテ=苦手意識  190613

ニガテ=苦手意識 190613 何をビクビクと怯えているのか? それは作り出した思い込みか呪いか? そんな妄想している自分に 開き直るしか元気になる方法はない 究極の上から目線で哀れと思いなさい そうなれない臆病な自分を 哀れな存在だと気付きなさい そう…

清と濁をつなぐ橋  190613

清と濁をつなぐ橋 190613 不完全な状態である有限的な人間にとって 清濁併せ呑むのは不可能に近い 大抵の人間は具象性の強い現象を背景とする 濁に迷い目が眩んでしまう 清は客観的な愛に近く 駆け引きに溺れた現実の井の中で 切羽詰まった情に押し切られて…

究極の人工知能  290610

究極の人工知能 290610 道具としてのA I は ご主人様次第のランプの精にすぎず 道具を超えて自己管理できる 自律したポリシーや目的を見出せない ロボットの延長線である 例えばせめて太陽系の空間と 次世代までの時間を視野に入れた 客観性に基づく答えを出…

今やるべきこと 190608

今やるべきこと 190608 差し当たっての現状維持 先を見据えた過去の清算 冒険心による未来の創造 あるいは 勇気ある手ばなしの観察

今やるべきこと  190608

今やるべきこと 190608 差し当たっての現状維持 先を見据えた過去の清算 冒険心による未来の創造 あるいは 勇気ある手ばなしの観察

眠れる森の美女 190608

眠れる森の美女 190608 無限に広がる大自然は 霧に遮られた眠れる美女と美男が 出合えぬままに過ごす幻の場 共生できる賢い人に間がある人間は この静かに沈殿した場をかき回して混沌とし 出合いによる再構築を促して 反面教師を目論む矛盾の存在 知識の蓄積…

歪みは反発力 190605

歪みは反発力 190605 成長は変化そのもので 積み重なる重圧でもあり 手を広げる混沌でもあり 壊して組み直す心機一転でもある キレイな花も実も咲き誇り熟して 散っては腐り分裂しては集う 大きな波と小さな波が織り成しては乱れ 更なる調和を目指して未知な…

働く女子の運命濱口桂一郎 文春新書

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51H3lH2BfaL._SL160_.jpg" alt="働く女子の運命 *2" /> 働く女子の運命 *3 作者: 濱口桂一郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/12/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (10件) を見る…

ヨーロッパ文化と日本文化 ルイス・フロイス 岩波文庫

ヨーロッパ文化と日本文化 (岩波文庫) 作者: ルイスフロイス 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1991/06/17 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 93回 この商品を含むブログ (19件) を見る ヨーロッパ文化と日本文化 ルイス・フロイス 岩波文庫 スペインか…

フラワー・オブ・ライフ ドランヴァロ・メルキゼデク ナチュラルスピリット

フラワー・オブ・ライフ ― 古代神聖幾何学の秘密(第1巻) 作者: ドランヴァロ・メルキゼデク,Drunvalo Melchizedek,脇坂りん 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット 発売日: 2001/12/25 メディア: 大型本 購入: 2人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (8件…

歪みは反発力 190605

歪みは反発力 190605 成長は変化そのもので 積み重なる重圧でもあり 手を広げる混沌でもあり 壊して組み直す心機一転でもある キレイな花も実も咲き誇り熟して 散っては腐り分裂しては集う 大きな波と小さな波が織り成しては乱れ 更なる調和を目指して未知な…

利己の目 190531

利己の目 190531 狭い価値観の利己の目から見れば 手の届かない神よりも 身じかな悪魔が神に見える 目に見えない信頼による切磋琢磨よりも 損得という不安恐怖を伴う競争原理が 身に迫る実感に追い立てられ優先される 相乗効果を求めて集う信頼の関係は 調和…

甘い言葉には棘がある 190530

甘い言葉には棘がある 190530 負けのない勝組だけの winwinなんてありえない 縄張り広げたいだけの詐欺言葉 本気で勝ち負けの不安恐怖を なくしたいならば 嘘と秘密で成り立つ 競争原理の旗を下ろして 切磋琢磨による信頼の共生関係で お互いの冒険談を持ち…

建前の正義は利己の隠れ家290530

建前の正義は利己の隠れ家290530 排他的なセクト主義は いくら正義を語っても 結局利己的な風見鶏でしかない 調和を目指す幸福な集いは 利他の喜びで繋がる関係でしか 味わえない

働く女子の運命濱口桂一郎 文春新書

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51H3lH2BfaL._SL160_.jpg" alt="働く女子の運命 *2" /> 働く女子の運命 *3 作者: 濱口桂一郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/12/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (10件) を見る…

競争から調和へ  190529

競争から調和へ 190529 戦争という浪費と同士討ちをやめて 全ての人が利他の心で分け合えば 過不足なく全てが満たされ 切磋琢磨による冒険と 相乗効果の飛躍に乗って お互いの成長の喜びを愉しみ合える